オススメ

サブスクって一体何?特徴やメリット、デメリットを徹底解説!

近年、サブスクというサービスが非常に注目を集めています。

とはいえ、

「サブスクって何?」

「サブスクを使うメリット、デメリットって何?」

と思っている人も多いでしょう。

そこでこの記事では、サブスクとは一体どんなサービスなのか、メリットやデメリットは何なのかということについて、詳しく解説していきます。

サブスクって一体どんなサービス?

サブスクというのは、正式名称ではありません。

正しくは、サブスクリプションという名前で、

  • 定額
  • 会費

というような意味を持ちます。

つまり、年会費や月会費などの一定料金を払うことで、そのサービスを継続して購入する形となるのです。

例えば、

  • 動画配信サービス
  • カーシェアサービス
  • 音楽配信サービス

などは、サブスクリプションとして提供されていることが多いです。

サブスクを使うメリットは?

では、そんなサブスクを使うメリットとは一体何なのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

初期費用がかからない

サブスクというのは、初期費用をかけずにサービスを利用することができます。

例えば先ほど挙げた、カーシェアサービスの場合は、最初に数十万円、数百万円のコストをかけて購入するわけではなく、毎月一定額を支払うことで、使いたい時に車を借りることができるシステムとなっています。

そのため、毎月一定額の費用は掛かる物の、高額な初期費用がかかるわけではありませんので、誰でも気軽に利用することができるのです。

管理の手間がかからない

サブスクを利用すると、購入した物を自分で管理しなくて済みます。

例えば、車を購入した場合、駐車スペースが必要になります。

また、DVDやCDなどを購入した場合、そのDVDやCDを保管しておくスペースが必要になります。

しかし、サブスクの場合は、このような管理が必要ありませんので、気軽に利用することができるのです。

サブスクを使うデメリットは?

では、サブスクを使うデメリットとは一体何なのでしょうか。

使わない場合でも一定のコストがかかる

まずは使わない場合でも一定のコストがかかるということです。

先ほども解説したように、サブスクというのは定額課金サービスとなっていますので、仮にサービスを利用しない日、利用しない月でも一定の費用がかかってくるのです。

そのため、あまりそのサービスを利用しないという場合には、損をしてしまう可能性があります。

使わないサービスが含まれていることも

サブスク型の動画配信サービスや音楽配信サービスの中には、自分が聞かない、あるいは見ない作品が含まれていることが多いです。

中には、

「アニメだけ見られればいいから、その分料金を下げてほしい」

と思っている人もいるでしょう。

しかし、個別プラン、オリジナルプランでの契約はできないことが多いため、注意する必要があります。

サブスクを快適に使うために覚えておくべきこと

続いては、サブスクを快適に使うために覚えておくべきことについて、詳しく解説していきます。

許容できる月額料金を決めておく

まずは許容できる月額料金を決めておくということです。

サブスクサービスの中には、

「プラス〇円でこのサービスも使えます」

というようなオプションプランが用意されていることがあります。

しかし、安易な気持ちでオプションをつけすぎてしまうと、毎月の支払がとんでもなく高額になってしまう可能性があるのです。

また、

  • カーシェアのサブスクも利用する
  • 動画配信のサブスクも利用する
  • 音楽配信サービスのサブスクも利用する

など、あれもこれもとなってしまうと、更に料金が高くなるケースがありますので、自分が使える範囲の金額を決めておくことが大切です。

必要がないと思ったらすぐに解約する

サブスクサービスの難点は、契約していることを忘れがちということです。

例えば、動画配信サービスをサブスクで契約していた場合、仮にその動画配信サービスを全く見ていなくても、毎月料金が発生していることを忘れてしまう可能性があります。

そのため、自分では身に覚えのない料金が毎月口座から引き落とされているという状態になってしまう事があるのです

また、比較的価格が安いサブスクの場合は、サービスを使っていない場合でも、

「安いから解約は今度でいいか」

「とりあえず契約しておけばいつか使うかもしれない」

と考えてしまい、毎月無駄なコストをかけ続ける羽目になってしまう事もあるのです。

そのため、もしサブスクサービスが必要ないと感じたら、先延ばしにせずにすぐ解約することをおすすめします。

まとめ

サブスクというのは、定額の費用を支払うことでサービスを受けられるシステムのことで、初期費用をかけず、比較的低コストで利用できる便利なサービスとなっています。

しかし、たくさんのメリットがある反面、いくつかのデメリットも存在しますので、サブスクサービスを利用する場合はメリットだけでなく、デメリットについてもしっかりと理解した上で利用を検討することをおすすめします。